男の人と女の人

会社にとって優良な顧客を見つけるなら|CRMシステムを導入しよう

ウーマン

長期的な関係を築く

CRMを成功させるには、新規プロジェクトとして費用面で魅力のあるサービスを新しく提案するのが一番無難です。既存の顧客を囲い込んだり、CRMサービスに追加したりするには工夫が必要ですが、優良顧客を選定できれば効率的に収益化できます。

優良顧客を見つける方法

IT

データで共有できる

会社にとって欠かせない優良な顧客を見つけるには、CRMシステムを導入してその購入行動や地域性、年齢や性別などのデータで管理すると顧客の可能性にいち早く気付くことができます。個人情報の管理には注意が必要ですが、顧客の好みや所有しているモノ、利用したサービスなどを共有できていれば、次に何を欲するか予測がつけやすく、顧客それぞれに合わせた効率的な提案ができるようになります。予算や購買行動の特徴もつかみやすいのがCRMシステムの魅力で、データの共有だけで既存の顧客も新規の顧客も合わせてコントロールできます。サービスの利用状況などはアンケートへの回答とキャッシュバックやプレゼントなどで、ある程度の情報を得られますが、顧客によってはキャッシュバックやプレゼントに釣られることなくサービスを利用している場合もあります。そうした顧客の方が資金に余裕がある場合もあるため、時にサービスへの登録内容の確認や、スタッフが直接赴いて情報を教えてもらうようにすると確実に優良顧客を獲得できます。CRMシステムで管理するには、顧客の情報をデータにしなければいけないため、個人情報をそのまま共有できるようにシステムを組み立てれば、さらに業務を効率化できます。こうしたCRMシステムでは、既に一定の顧客データから好みや行動原理を割り出せることもあり、個性心理学などでの分析をするとより効率的にデータを分析できるため、高度な情報システムを導入すると効果的です。

展示会場

出店効果を高めるため

展示会で来場者にブースに立ち寄ってもらうためには、ブース装飾や販促品は重要です。ターゲットの目を引く装飾は、出店効果を高めるために不可欠な要素です。また最近では、組み立て式の装飾がさまざまな場所に対応できるため人気です。

会社員

データ化すると便利

多くの企業ではお得意様を大事にするものです。そのためには顧客管理を徹底しています。データ化することが一般的で、専門業者に委託することもあります。顧客管理によってDM発送やメールマガジン登録など、いろいろと役立てられます。