女性

会社にとって優良な顧客を見つけるなら|CRMシステムを導入しよう

長期的な関係を築く

ウーマン

信頼とお得感が大切になる

CRMを推し進めていく時に最も重視したいのは顧客がサービスに対して十分な信頼を持っていることです。長期間そのサービスを利用すると、他のサービスでは実現できないような価格の安いサービスになったり、さらに高品質なサービスになったりする場合は、顧客を囲い込みやすくなります。効率的にCRMを実現するには契約前から長期的なスパンでの契約でメリットがあるということを理解していてもらう必要があり、費用的なお得感と会社のサービスに対する絶対の信頼が欠かせなくなります。CRMを新たに導入するのであれば、その新規プロジェクトから利益やコスト、顧客となりうるターゲット層似合わせてプランを立てられますが、既にある契約に対してCRMを導入するのは難しい場合が多いです。顧客とのつながりを持つことは大切ですが、新しいサービスへの切り替えを提案することが、営業行為と取られてしまえば、顧客は不快な思いをする可能性もあります。新たに顧客がお金を支払わないと当たらなサービスが受けられないという仕組みを避けて、無料でよりよいサービスに切り替えられるという点をアピールできなければ既存の顧客をそのまま取り込むのは難しいです。その場合、どうしてもコストが発生して一時的な赤字を生むことが多いため、顧客全員に対してCRMを導入するのではなく、一定の条件を満たしている優良顧客からサービスを開始すれば満足度を落とさずに効率的な収益化が可能になります。